事業内容

  • HOME »
  • 事業内容 »
  • 物流部門
輸送業務の分業化からコスト消減を実現
横内作業を変革するロジスティック・システム
物流部門 Logistics department

事業内容

お客様のロジスティックコストの中でも最近問題視されているのが製品の構内移動輸送方法の見直しに伴う人件費コストやピリオドコストといったもの。
従来の物流システムでは、構内横持作業と商品保管と商品輸送が別々に行われ、一人のドライバーが商品積み込み、商品輸送を全て行っていたため、積み込み待機の時間も大幅な人件費コストアップにつながっていました。

そこで当社は、「輸送の準備をする業務」と「輸送に専念する業務」に分けるシステムを考案。

工場内に、提携先と当社による合弁会社の事務所を設け、当社から出向した経験豊富なプロスタッフが、蓄積したノウハウをもとに受注から配送までをトータルにサポートいたします。
製造工程に物流機能を連動させることにより、ドライバーは輸送だけに専念できるようになり、無駄な在庫や構内製品横持ちを解消、24 時間の出荷活動も可能となり、トータルで大幅なコストダウンを実現しました。

総合物流会社である知多産業運輸は、お客様のベストパートナーとなるべく物流のトータル・サポートによるソリューションビジネスを展開しています。
mail
fb
PAGETOP